無料メールマガジン詳細

NO.328

マツザワが陳謝 喬木の魚大量死/長野

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2013.6.5 No.328

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

毎年、楽しみにしているサラリーマン川柳コンクール(第一生命)の優秀作品
が発表になりました。今年のベスト3には次の作品が選ばれました。

  第1位: いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦
  第2位: 電話口「何様ですか?」と聞く新人
  第3位: 「辞めてやる!」会社にいいね!と返される

その他の作品はこちらから
⇒ http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/26th/best_10.html

「いい夫婦」の句が1位に輝いたということは、それだけ共感される方が多い
ということでしょうか?第一生命が「結婚当初の良き時代を惜しむ心情が共感
を得たのではないか」と評している通り、決して諦めの感情ではないことを願
います。(自分も含めて…)

夫婦ものでいうと、第14位に「ゆるキャラと 思えば愛しい 肥えた妻」とい
う句が選ばれていて、何とも微笑ましい気持ちになりました。(門)

———————————————————————

■ESHエキスパート5周年記念キャンペーン【初年度50%OFF!】

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」が2008年6月の創刊以
来5年、120号を迎えることができました。

5周年を記念し、「ESHエキスパート」を6月中に限り初年度50%引きの特別
価格でご提供します。

この機会に是非ともお申込みください。

・法人会員 年額 31,500円 → 初年度特別割引価格 15,750円(税込)
・個人会員 年額 21,000円 → 初年度特別割引会費 10,500円(税込)

【お申込みはこちら】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

   ※備考欄に「メルマガ」とご記入ください。

———————————————————————

★★★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★★★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html

◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。

———————————————————————

■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。

次のサイトよりお申込みください。

→ http://www.esh.co.jp/expert_free.html

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆マツザワが陳謝 喬木の魚大量死/長野 (5/28)

喬木村阿島の水路で十九日に魚が大量死した問題で、高森町の土産品企業マツ
ザワは二十七日、村福祉センターで会見した。同社社長は「喬木工場のメンテ
ナンス洗浄で出た排水を誤って水路に流した。中和不足で水生生物に影響を及
ぼした可能性がある」と陳謝した。

同社によると、メンテナンス洗浄は年一回。今年は洗浄剤の使用量が多く、洗
浄水に規定以上の中和剤を投入し、十五分間循環させた。そして、業者は適正
に中和されたか確認しないまま、例年通り排水溝に流した。

ここの配管は、同社は下水につながると勘違いしていたが、実は水路につなが
っていた。排水の約一時間後に工場の下流のみで魚の死亡が分かり、工場近く
で被害が大きいため、社内調査を進めて分かった。

県によると、有害物質を適正に中和して無害化すれば、水路に流しても問題は
ないが、社長は「今後、洗浄水は産業廃棄物として処分する。再発防止のため、
この配管は使えないようにする」と述べた。

また、県下伊那地方事務所環境課は同日、水質検査の分析結果を発表。十九日
の検体はpHなどが異常値を示しており、魚の生息環境に影響を及ぼしたと考
えられるが、原因物質までは分からないという。二十二日の検体は異常なかっ
た。
(中日新聞)

◆解説

同社は、資本金1億円で、おみやげ品(菓子類)の企画・製造・卸売・小売を
している会社です。

複数の報道記事から推察すると次のような状況が考えられます。

・業者が冷凍設備の冷却塔(クーリングタワー)を過酸化水素系の洗浄剤で洗
浄した。(冷却水に発生する藻や雑菌を殺菌洗浄する)

・例年より洗浄剤の使用量が多く、洗浄水に規定以上の中和剤(亜硫酸塩等)
を投入し、十五分間循環させた。

・適正に中和(分解)されたか確認しないまま排水した。(過酸化水素はH2O2
で有害物質を含まない)

・放流先は下水だと思っていたが、実は水路であった。

この不祥事の教訓は二つあると考えます。作業を業者任せにしていたこと、放
流先を把握していなかったことです。

SDSの入手により使用薬品を把握し、作業工程を確認のうえ、適切な工事管理
を実施することが重要です。

★化学物質の持ち込み規制のベストプラクティスを「ESHエキスパート」でご
紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————

■労働災害の真相

◆<水産会社事故>工場長、聴取後に自殺か 佐世保3人死傷/長崎(5/31)

長崎県佐世保市干尽(ひづくし)町で1人が死亡、2人が重体となった事故が
起きた水産加工会社「昌丸(しょうまる)」佐世保営業所の工場長(64)が
31日午前7時ごろ、営業所近くで首をつって亡くなっているのを男性が発見、
110番した。長崎県警佐世保署は自殺とみて調べている。

同署によると、同営業所の地下タンク内で従業員3人が相次いで倒れる事故が
あった30日、午後から工場長を同署で事情聴取した。同10時ごろ、署員の
幹部が市内の自宅まで送り届けたという。遺書については「答えられない」と
している。

◆脱線事故対応に追われ、神鉄バス社長、山中で自殺か/兵庫(6/3)

2日午後4時半ごろ、神戸市北区有野町唐櫃(からと)の山中で、男性が木に
かけたロープのような物で首をつって死んでいるのをハイキング中の男性(5
5)が発見、110番した。

兵庫県警有馬署が調べたところ、死亡していたのは、同市北区の神鉄バス社長
(61)と判明。近くに車が駐車されており、車内にあったかばんに入ってい
た手帳に、家族宛てで「ありがとう」などと書かれていたことから、同署は自
殺とみている。

同署などによると、1日午前7時ごろ、家族が、自宅から男性の姿が見えなく
なり、車もなくなっているのに気付いたという。

男性は神戸電鉄有馬口駅構内で5月28日夜に発生した脱線事故で、代替バス
の対応などに追われ、ほとんど帰宅できない日が続いていたという。
(産経新聞)

◆解説

管理監督者や経営者が、事故を契機として自殺に至った二つの事例です。自責
の念に駆られたか、過度のストレスに押し潰されたかは不明です。

水産会社の事例では、その後、重体の二人の意識が回復しただけになおさら残
念です。

危機状態にある人に対して、迅速で効果的な対応を行うことで危機を回避させ、
その後の適応をはかる援助のことを「危機介入」と言います。

心理学上の”危機”とは、個人や集団にとって強いストレスを与えるできごと
が起きて、その結果これまでできていた問題解決の方法ができなくなったり、
またはこれまでのやり方では問題解決ができなくなったりする状態です。

事件・事故・災害は、危機を招き、「危機介入」を必要とすることが多くあり
ます。

危機介入の必要性を理解し、事前に想定しておくことが重要です。

★危機介入のベストプラクティスを「ESHエキスパート」でご紹介していま
す!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

  人は死んでも、その人の影響は死ぬことはない

■新着情報

・平成24年の労働災害発生状況を公表

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 8件

■不法投棄関連情報

 全国の事故・事件情報 1件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 19件

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ