無料メールマガジン詳細

NO.457

台風停電の復旧作業中に感電 沖電職員が重体

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018.10.17 No.457

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ESHエキスパート250号記念キャンペーン

お陰さまで、本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」が今号
で250号を迎えることができました。

2008年6月の創刊以来10年間、一度も休むことなく発行を続け、企業の環境安
全衛生(ESH)のご担当者、コンサルタント、ISO審査員の方々にお読みいただ
いております。

250号達成を記念し、感謝を込めて「ESHエキスパート」を10月中に限り25%
引きの特別価格でご提供します。

この機会に是非ともお申込みください。

・法人会員 年額 30,000円 → 特別割引価格 22,500円(税別)
・個人会員 年額 10,000円 → 特別割引価格 7,500円(税別)
・コーポレート会員 年額 90,000円 → 特別割引価格 67,500円(税別)

【お申込みはこちら】 → https://www.esh.co.jp/expert/

※備考欄に「メルマガ」とご記入ください。

なお、ISO 45001のマニュアルや帳票類などを含む、役立つ資料を提供する「E
HSデータバンク」も同様に25%引きの特別価格でご提供します。
「EHSデータバンク」には「ESHエキスパート」も含まれておりお得です。

・法人会員 年額 70,000円 → 特別割引価格 52,500円(税別)
・コーポレート会員 年額 180,000円 → 特別割引価格 135,000円(税別)

【お申込みはこちら】 → https://www.esh.co.jp/eshdatabank/

※備考欄に「メルマガ」とご記入ください。

——————————————————————–

★出版と出版記念セミナーのご案内

ISO 45001の要求事項を正しく理解し、効率的で効果的なOHSMSの構築・運用を
支援するために、弊社代表の黒崎が執筆した書籍「ISO 45001 実践ハンドブッ
ク」が今月中に刊行されます。
【出版社:安衛法便覧でお馴染みの労働調査会】

この本は、信頼性を高めるためにBSIの監修を受けていますが、出版を記念し
て、BSIが出版記念セミナーを開催し、黒崎が講師を務めることが決定しまし
た。

東京:11月 5日(月)14:00 – 17:00
大阪:11月29日(木)14:00 – 17:00

書籍代込みで、9,800円と大変にお得なセミナーとなっています。

読者の皆様の多くのご参加をお待ちしております。

https://www.bsigroup.com/ja-JP/iso-45001/iso-45001-training-courses/iso-45001-guidebook/

——————————————————————–

■環境不祥事の教訓

◆化学工場で火災、消防隊員1人けが/愛知 (10/7)

7日午前2時ごろ、愛知県小牧市河内屋新田の化学工場「国盛化学小牧本社工
場」で、通行人から「2階から炎と黒煙が見える」と119番通報があった。
県警小牧署などによると、鉄骨3階建て工場の2、3階部分にあったプラスチ
ック原材料などが燃えており、消火活動中の消防隊員1人がけがをした。

付近一帯に黒煙が広がったため、同日午前4時から1時間にわたり、県警から
近隣住民に避難が呼びかけられたほか、午後2時からは地元公民館に避難所が
開設された。

この火事で、最大で消防車など計34台が出動して消火作業にあたったものの、
19時間経過した同日午後9時過ぎに鎮圧したが、鎮火には至っていない。工
場では車などのプラスチック部品を製造している。出火当時は操業しておらず、
工場内は無人だったという。現場は東名高速道路小牧インターチェンジから北
に約2キロの工場や住宅が建ち並ぶ地域。
(毎日新聞)

◆解説

インターネットによれば、同社は、資本金9875万円、売上高約100億円、従業
員250人の中堅企業のようです。

7日未明に火災発生、出火から30時間以上たった8日午前10時25分に
「鎮火」状態になったと判断されました。

同社は、10月10日にはお詫び文をインターネットに掲載しています。大企業で
なくてもこのような対応は早くなりましたね。

自動車やOA機器などのプラスチック部品の製造ということで、ひとたび火災
が発生したら構外にも大きな影響を及ぼします。

本件でも、県警から近隣住民に避難が呼びかけられ、20~30世帯が近くの公民
館や小学校の体育館に避難したとのことです。

日頃から消防署と連携を密にする必要がありますが、近年は消防署も人手不足
で立入査察などに十分な時間を割けないのが実態です。

消防署が持つ機材、人材、力量を自社で賄うとしたら膨大なコストとなり、消
防署は有難い存在だと認識するのが妥当です。

企業側から積極的にコミュニケーションを図ることが重要です。

★火災発生時の煙の影響と近隣住民への影響回避の重要性について「ESHエキ
スパート」で解説しています!

【ESHエキスパート】 → https://www.esh.co.jp/expert.html

☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
採用されています。

———————————————————————

■労働災害の真相

◆台風停電の復旧作業中に感電 沖電職員が重体 (10/3)

1日午後7時50分ごろ、うるま市石川のJAおきなわ石川支店の敷地内の電
柱で、「男性が感電した」などと119番通報があった。

石川署などによると、台風24号の影響による停電の復旧作業をしていた沖縄
電力の男性職員(26)が感電し、心肺停止状態で本島中部の病院に搬送され
た。2日午後4時現在、意識不明の重体となっている。同署が事故原因を調べ
ている。

沖縄電力によると、事故当時、男性は絶縁体として用いられる磁器「がいし」
と電線を固定するバインド線が外れていたため、交換作業をしていたところ、
何らかの原因で感電した。

沖縄電力は「被害に遭った社員の一刻も早い回復を願うとともに、このような
事故が今後起こらないよう、あらためて安全管理を再徹底する」とコメントし
ている。
(沖縄タイムス)

◆解説

台風、大雨、地震と天災による被害が多発しています。もはや想定外は有り得
ない時代だと言えます。

天災による被害はもちろんですが、私たちは、その対応時の二次被害も防がな
くてはなりません。

この事故は電力会社の職員の方で、県民のために復旧を急いでいたのかもしれ
ません。大変にお気の毒な事故で、ご回復を願うばかりです。

一般の企業においても、天災への対応やその後の復旧では様々な非定常作業が
発生します。

まずは時間的制約を強くし過ぎないことが重要です。経営層が早期復旧より安
全を優先することが最も重要です。

特に事前対応では、天気予報の注意報<警報<特別警報の各段階で誰がどのよ
うな対応をするか、予め定めておくことが必須です。

天災に対する対応を定め、日頃から訓練をしておくことをお薦めします。

★米国のハリケーンに対する備えのベストプラクティスを「ESHエキスパー
ト」でご紹介しています!

【ESHエキスパート】 → https://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■復活!今日の言霊

Safety is no accident. (accident:偶然)
安全は偶然の出来事ではなく必然でなければならない。

■新着情報

・平成30年度土壌汚染対策セミナーの開催

■環境不祥事の教訓

より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

全国の事故・事件情報 4件

■労働災害レポート

全国の労働災害・書類送検情報 17件

【ESHエキスパート】 → https://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
https://www.esh.co.jp/expert.html

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

https://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
https://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ