無料メールマガジン詳細

NO.308

小松市民病院で爆発事故 昨年12月、地下倉庫で

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2012.8.8 No.308

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

オリンピックでは、連日メダルラッシュで盛り上がりを見せていますね。応援
のため寝不足気味という方も多いのではないでしょうか?

普段は目にすることが少ない様々な競技を観戦できることがオリンピックの醍
醐味の一つでもありますが、頑張っている選手の姿は清々しく、本当に感動を
与えてもらっています。

まだまだ戦いは続きますが、日本から精一杯声援を送り続けましょう!(門)

———————————————————————

■『ESHエキスパート』100号記念キャンペーン

本メールマガジンの有料版『ESHエキスパート』が先日100号を迎えることがで
きました。

100号達成を記念し感謝を込めて、『ESHエキスパート』を8月末日まで30%引
きの特別価格でご提供します。

この機会に是非ともお申込みください。

・法人会員 年額 31,500円 → 特別割引価格 22,050円
・個人会員 年額 21,000円 → 特別割引会費 14,700円

なお、下記の配信スタンド変更手続きを実施いただきますと、更に割引させて
いただきますので、お手続きのほどよろしくお願いいたします。

★100号発行に寄せられた読者様の声

・100号おめでとうございます。弊社は外資系企業なのですが、ベストプラク
 ティスでESH先進国の事例を紹介していただけるのが大変助かっています。
 これからも200号目指して頑張ってください。

・昨年の震災の折には、ESHエキスパートで提言されているリスクマネジメン
 トの重要性を痛感いたしました。これからも現場に密着した問題提起を期待
 しています。

・いつもESH関連情報のご提供ありがとうございます。ESHエキスパートを社内
 配信しておりますが、当社従業員に大変好評です。特に「今日の言霊」は個
 人的にとても楽しみにしています。

———————————————————————

★★★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★★★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html

◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。

———————————————————————

■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。

次のサイトよりお申込みください。

→ http://www.esh.co.jp/expert_free.html

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆大王製紙で汚水流出1500立方メートル、環境に影響なし 愛媛 (7/21)

20日午前4時15分ごろ、愛媛県四国中央市の大王製紙三島工場で、自家用
電源が停止し停電が発生。影響で沈殿槽が稼働できない状態になり、同30分
ごろから、処理中の汚水が海に流出した。同社によると、これまでに環境被害
はないという。

今治海上保安部によると、4つある沈殿槽のうち、3番目の沈殿槽の汚水が、
約25分間にわたり約2500立方メートル流出。うち1500立方メートル
が雨水排水路を経由して海上に流出した。

同社によると、汚水は5段階で水処理されるが、流出したのは最終段階のもの
だったため、有害物質などは含まれていないという。
(msn産経ニュース)

◆解説

停電が原因による異常排水の流出は本メルマガでも過去にお伝えしたことがあ
ります。

通常であれば停電になればポンプも停止するため外部への流出はないと考えら
れるのですが、この件については同社のホームページでも触れられておらず詳
細は不明です。

停電と合わせて教訓とすべき点は、2,500m3のうち1,500m3が”雨水排水路”を
経由して海上に流出した点です。

多くの水質事故は、”雨水排水路”を経由して流出しています。

停電と雨水排水路の2点については環境監査/審査でも確実に確認したい項目と
なります。

★排水処理施設の重要な監査ポイントについて「ESHエキスパート」で詳述し
ています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————-

■労働災害の真相

◆小松市民病院で爆発事故 昨年12月、地下倉庫で (7/25)

石川県の小松市民病院(小松市)で昨年12月、スプリンクラーの配管内で発
生した水素ガスが原因で地下の倉庫で爆発事故があったことが分かった。水素
はスプリンクラーの配管が腐食し水と反応して発生しており、爆発は配管の老
朽化によりほかの施設でも起きる恐れがある。総務省消防庁も全国的に珍しい
事故として把握しており、大きな事故につながる可能性もあるとして定期点検
の徹底を呼び掛けている。

小松市消防本部によると、昨年12月4日午前9時半ごろ、小松市民病院本館
の地下1階の約5平方メートルの地下倉庫で爆発があり、入り口の厚さ5セン
チの鉄の扉が折れ曲がり、部屋の外のコンクリートの壁板に長さ1メートルの
亀裂が入った。

爆発当時、スプリンクラー増設工事のため、業者は地上階で、既存のスプリン
クラーの配管内にたまった水を爆発があった倉庫下の用水槽に出す作業をして
いた。けが人はいなかったものの、倉庫内にいた場合、惨事になる恐れもあっ
た。

市消防本部が依頼した専門家の調査で、内側を亜鉛メッキされた鋼製のスプリ
ンクラー配管が腐食したことで亜鉛が水中に溶け出し水中の水素イオンと反応
して水素が発生。水と一緒に用水槽に排出され倉庫に充満。倉庫にあった分電
盤の火花が引火し爆発したことが分かった。

病院の管理局長は「前例がない事故」と説明。工事業者が、工事中の水素ガス
の検知を怠ったことが原因として改修、修理費の負担を求め修理したという。
再発防止のため水素が倉庫にたまらないよう、スプリンクラー配管の排水口も
屋外に出した。

スプリンクラーや屋内消火栓の配管には亜鉛メッキの鋼管が一般的に使われて
いる。

総務省消防庁予防課の専門官の話 屋内消火栓では放水時に配管内の水素ガス
に着火した例がある。スプリンクラーも解体工事中に、配管内の水素に火が付
くことがある。作業には細心の注意が必要だ。
(中日新聞)

◆解説

私自身、このような事故事例は初めて見ました。

亜鉛めっき鋼管は通称「白ガス管」(SGP管)とも呼ばれ、幅広く使われてい
る配管材料です。

理屈としては起こり得ることはわかるのですが、実際に事故は起こるのですね。

地中に埋められたガス用の亜鉛めっき鋼管(白ガス管)は腐食によるガス漏れ
のため見直しが必要とされていますが、水道用の配管にも注意が必要となりま
す。

白ガス管がどの場所にどのように使用されているか、まずは把握することが必
要となります。

★ガス検知器の選定及び保守校正について「ESHエキスパート」で詳述してい
ます!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

 今でも少しずつ自分がうまくなっていると感じられる。
 下手になったと感じたらすぐにやめますよ。

■新着情報

・今夏の熱中症対策の一層の強化について

・印刷業に対する有機溶剤中毒予防規則等の遵守徹底のための取組について

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 8件

■不法投棄関連情報

 全国の事故・事件情報 3件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 33件

★不祥事・災害事例の出典:明記のないものは毎日新聞

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ