無料メールマガジン詳細

NO.341

工場火災・ろ過装置の水素に引火か/大分

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2013.12.18 No.341

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ご挨拶

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

本年もメルマガをご愛読いただき、厚く御礼申し上げます。

来年も読者の皆様のお役に立つ情報をお届けすべく、誠心誠意努力する所存で
すので、より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

新年のメルマガは、1月は8日(水)、22日(水)の発行となります。 

時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げ
ます。

                                                      編集長 黒崎由行



---------------------------------------------------------------------


◆出版のお知らせ

本メルマガでお伝えしている労働災害の書類送検事例とその解説を纏めた書籍
が出版されました。

送検理由に学ぶ安衛法の理解
~労働安全衛生コンプライアンス・CSR対策の決め手~

出版社:労働調査会
定  価:1,575円(税込)

何をしたから送検されたのか?、何をしなかったから送検されたのか?
広範で難解な労働安全衛生法を労働災害や書類送検の事例から学べるよう編集
しました。

コンプライアンスとCSRの強化に、是非ともご活用ください。


→ 詳細は次の出版社のサイトをご覧ください。

   http://www.chosakai.co.jp/purchase/books/syousai/1394.html


★出版記念セミナー 先行受付

出版記念セミナーを開催することとなりました。
BSIグループジャパンによる開催となります。

  日 時:3/5(水)9:30-17:00
  場 所:BSIグループジャパン本社(東京都港区北青山)
  受講料:30,000円(税抜)

→ 詳細は次の資料をご覧ください。
http://www.esh.co.jp/images/OHSMS_nowornever.pdf

先行予約を募集いたします。
講師紹介として20%割引とさせていただきます。
次のメールアドレスにご連絡ください。

→ info@esh.co.jp



---------------------------------------------------------------------


★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html


◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。



---------------------------------------------------------------------


■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。
  
次のサイトよりお申込みください。

  →   http://www.esh.co.jp/expert_free.html  



---------------------------------------------------------------------


■環境不祥事の教訓

◆工場火災・ろ過装置の水素に引火か/大分 (12/3)

臼杵市野津町の産業廃棄物処理工場が全焼した火事で、警察は廃油のろ過装置
で水素が発生し引火したとみて出火原因を調べている。

この火事は、昨夜臼杵市野津町の産業廃棄物処理場「リマテック」九州工場か
ら出火し鉄骨平屋建て1500平方メートルが全焼。タンクローリー7台が炎
上した。けが人はなかった。

工場の中には廃油をリサイクルするタンク8基があり、近くに不純物を取り除
くろ過装置がある。実況見分の結果、警察はろ過装置の中で化学反応が起きて
水素が発生し何らかの原因で引火したとみて調べている。

この工場では16年前の1997年にもタンクが爆発し従業員の男性1人が死
亡する火災があった。これを受けて当時再発防止に向けて住民と業者との間で
協定が交わされた。工場の操業再開について今後、臼杵市を交えて3者で協議
する見通し。
(大分放送)


◆解説

11/15に千葉県野田市で発生し二人が亡くなった廃油リサイクル工場の爆発事
故は記憶に新しいところですが、同様の廃油リサイクル工場で爆発事故が発生
しました。

廃棄物処理関連の処理施設での火災爆発事故は頻発しています。

弊社では、循環経済新聞社から取材を受け、12/9号に次のタイトルで記事にな
りました。

「廃棄物の持つ危険性の自覚を」
~排出者は安全面を考慮して委託~

その要旨は、次のとおりです。

・廃棄物処理施設は化学プラントと比べるとハード・ソフト両面で安全対策が
  劣っている。
・しかも性状が一定ではなく、不明な物質の混入もあり得る。
・廃棄物の受入時のチェックが重要で、容器ごとの確認が必須である。
・着火源の管理として、電気設備の防爆化や静電気対策と維持管理、火気使用
  工事の厳格管理、従事者への教育訓練が重要である。
・排出事業者も、業者の選定や性状の伝達、適切なコストを支払うことで責任
  を果たすことが必要である。

廃油リサイクルのケースでは有価物として処理され、廃掃法の適用を受けない
可能性もあると思いますが、「排出事業者」としての法的/社会的責任を果た
さないと大きなリスクとなることも考えられます。

特に、本年6月には、「廃棄物情報の提供に関するガイドライン」(WDSガ
イドライン)も改訂されており、適切な情報の提供に努めたいものです。



★WDSガイドラインの主な改正点について「ESHエキスパート」で解説して
います!

  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。



---------------------------------------------------------------------


■労働災害の真相

◆うつ病自殺:遺族がヤマダ電機を提訴「長時間労働で」 (12/11)

家電量販店大手「ヤマダ電機」(本社・群馬県高崎市)の店舗に勤めていた男
性社員(当時23歳)が自殺したのは、長時間労働でうつ病になったためとし
て、男性の遺族が11日、同社に対し約1億2000万円の損害賠償を求め、
前橋地裁高崎支部に提訴した。

原告側弁護士によると、男性は新規開店予定だったテックランド柏崎店(新潟
県柏崎市)で管理職のフロア長として勤務していた2007年9月19日、同
市内の社宅で首つり自殺した。死亡までの1カ月間の時間外労働は約106時
間で、男性は同月15日ごろまでにうつ病にかかっていたとして、長岡労働基
準監督署(同県)が11年6月に労災認定した。

原告側は「長時間労働を認識しながらも休日に業務を命じるなどしており、安
全配慮義務を怠った」と主張。同社側に資料の開示と話し合いでの解決を求め
たが応じなかったため提訴したとしている。

同社広報部は「訴状を受け取っていないので、コメントできない」としている。
(毎日新聞)


◆解説

テレビドラマ「ダンダリン」はご覧になっていたでしょうか。竹内結子が扮す
る労働基準監督官が主人公のドラマで、ブラック企業や労災隠しなどを調査し
指導する労働基準監督官を描いたドラマでした。労働基準監督官がテレビドラ
マになる時代なのだと感慨深く観ました。

労働基準監督署が精神障害を労災認定する「心理的負荷による精神障害の認定
基準」は、平成23年12月に定められました。

それまでは、平成11年に定めた「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外
の判断指針」に基づいていましたが、より迅速に分りやすい基準となるよう改
正されたものです。

労災認定のための要件は次のとおりです。

(1) 認定基準の対象となる精神障害を発病していること
(2) 精神障害の発病前おおむね6カ月の間に、業務による強い心理的負荷が認
    められること
(3) 業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められないこと

(1)の対象外となる精神障害の例には、認知証、頭部外傷による障害、アルコ
ールや薬物依存症があります。

(2)の「業務による強い心理的負荷」を知れば、企業として避けるべき状況が
理解でき、一読されることをお薦めします。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z3zj.html



★「心理的負荷による精神障害の認定基準」について「ESHエキスパート」で
詳述しています!

  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html



---------------------------------------------------------------------


★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介


■今日の言霊

  即今、当処、自己(そっこん、とうしょ、じこ)


■新着情報

 ・平成25年度 年末年始無災害運動


■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介


■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介


■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 8件


■不法投棄関連情報

 全国の不法投棄関連情報 1件


■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 11件


■海外事故情報

 海外の事故・事件情報 1件



  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html
  
  

----------------------------------------------------------------------

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。


■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

--------------------------------------------------------------------


★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで


---------------------------------------------------------------------

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html


◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。        (C) Copyright -2009
----------------------------------------------------------------------

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ