無料メールマガジン詳細

NO.278

核燃料製造工場で廃棄物漏れ、過去に厳重注意

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2011.5.9 No.278

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

GWはいかがお過ごしでしたか?日頃のストレスから開放され、すっかりリフ
レッシュされたことと思います。

我が家では栃木県鹿沼市の城山公園(粟野城跡)で催された「城山つつじまつ
り」に行ってきました。約2万本のやまつつじが全山を覆い見事に咲き誇って
いました。こちらは北関東一のつつじの名所とされているそうです。

この公園には「城山スカイローラー」と言う全長115メートルのローラー滑り
台があります。山の頂上から中腹までスピードに乗って一気に滑り降りる滑り
台はスリル満点。夢中で遊ぶ子供たちの歓声が公園内に響いていました。私も
子供たちに混じって滑ってきましたが、体重のせいか子供達よりスピードが出
ていたようです・・・

東日本大震災後に拡がっていた自粛ムードに観光地では不安を募らせていたよ
うですが、予想以上の観光客で賑わいを見せ一安心されたようですね。今後も
支援の一環として東北地方を中心とした観光地へ多くの人々が足を向けること
を祈ります。(門)

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆核燃料製造工場で廃棄物漏れ、過去に厳重注意 (4/27)

神奈川県は27日、同県横須賀市内川の核燃料製造会社「グローバル・ニュー
クリア・フュエル・ジャパン」の廃棄物貯蔵庫内で、ドラム缶から放射性廃棄
物の油128グラムが漏えいしたと発表した。

施設外への流出はなく、作業員の被曝(ひばく)もないという。

県への報告によると、25日、同社作業員がドラム缶底部から漏れた油を見つ
けた。ドラム缶には、核燃料製造の際に出た放射性廃棄物の金属類が入ってお
り、それに付着していた油が漏れたとみられる。油からは1万1000ベクレ
ルのウランが検出されたが、国への報告基準の37万ベクレルは下回っている。
国は25日に同社に立ち入り検査を行っている。

同社では2008年7月にウラン飛散、昨年5月には水素発火の事故があった。
同年12月には核燃料の製造炉が設定温度上限に達し、自動停止装置が2回作
動するトラブルが起きており、経済産業省原子力安全・保安院から厳重注意を
受けていた。
(読売新聞)

◆解説

翌日、4/28には次のとおり続報も出ています。

■(続報)放射性廃棄物漏れ:核燃料加工会社で 県、きょう立ち入り/神奈
川 (4/28)

県は27日、核燃料加工会社「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパ
ン」(横須賀市内川2)の放射性廃棄物貯蔵場にあるドラム缶から、油128
グラムが25日漏えいし、1万1000ベクレルのウランが検出されたと発表
した。管理区域内での微量の漏えいのため、作業員の被ばく、環境への影響は
ないという。

県危機管理対策課によると、ドラム缶には金属類などの放射性廃棄物が入り、
底部の穴から油が漏れたとみられる。穴が開いた原因は調査中という。

漏えい量は経済産業相への報告基準である37万ベクレルを大幅に下回り、従
来は公表していなかった。しかし県は、福島第1原発事故で県民の不安が大き
いため公表した。28日に立ち入り調査する。

同社は、GE、東芝、日立の合弁会社を株主とする企業ですが、横須賀でこの
ような事業が営まれていたことを知りませんでした。

管理区域内で128グラムが漏れただけでニュースになるのは厳しいかもしれま
せんが、放射性廃棄物が入ったドラム缶に穴が開くことについては管理上の問
題が大きそうです。

同社のホームページでは、4/29付けで、「神奈川県の立入調査について」と題
した報告がアップされています。(以下、抜粋)

立入調査において、日常の巡視点検のより一層の徹底とともに、原因の早急な
究明と再発防止策を求められました。 弊社は本事象および立入調査結果を受
けて、原因の究明と再発防止策を速やかに行い、皆様からの信頼確保に努めて
まいります。

近隣住民は、相当神経質になっている筈で、早期の原因究明が期待されます。

★危機管理におけるリスクコミュニケーションのベストプラクティスを「ESH
エキスパート」でご紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————-

■労働災害の真相

◆作業服の袖巻き込まれ首絞まる 花王工場で男性派遣社員が重体 (5/1)

1日午前4時55分ごろ、川崎市川崎区浮島の「花王川崎工場」で、ベルトコ
ンベヤーを清掃中の派遣社員(31)が作業服の袖をローラーに巻き込まれた。
このため、作業服で首が絞められる形になり、男性は病院に搬送されたが意識
不明の重体。川崎臨港署が事故原因を調べている。

同署によると、男性は洗剤容器の箱を組み立てるラインの清掃をしていた。清
掃は通常、機械を止めて行うという。
(msn産経ニュース)

◆解説

この労働災害は、次の点で大きな教訓を残すものです。

・作業服の袖口
・ベルトコンベヤーのローラーに巻き込まれ
・派遣社員
・ラインの清掃中

作業服の袖口は、安全パトロールなどでもたびたび指摘されるところです。全
体の安全文化が低かったのか、派遣社員への教育訓練に問題があったのかなど、
根本原因はこの記事からは不明です。

労働安全衛生法上は、ハード上は、コンベヤーの非常停止装置、ソフト上は教
育や作業手順など、法令順守上も問題が考えられます。

ひとたび重大な災害が発生すれば法的な責任も免れ得ないことはたびたびお伝
えしていますが、貴重な教訓として安全教育に活かしたいものです。

★この事例の関連法令を「ESHエキスパート」でご紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

 悲観論者はあらゆるチャンスに困難を見出す。
 楽観主義者はあらゆる困難にチャンスを見出す。

■新着情報

・2011年クールビズについて(第一報)

・2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量(確定値)について

・初めてがれき処理に従事する労働者等の労働災害防止について

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 5件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 22件

★不祥事・災害事例の出典:明記のないものは毎日新聞

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ