無料メールマガジン詳細

NO.313

フロン回収破壊法違反:フロンガス大気に放出 容疑で回収業者、書類送検-西条西署/愛媛

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2012.10.17 No.313

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

徐々に色づく木々や虫の声に秋の深まりを感じます。朝晩も冷え込み、風邪を
引かれている方が多いようですので、皆さまもお気をつけください。

最近、宇宙に関するニュースをよく耳にします。英国の歌手サラ・ブライトマ
ンが2015年に宇宙旅行し歌声を地球に届ける、スペースシャトル・エンデバー
が任務を終えてロサンゼルスの街を陸路で移動、オーストラリア人のスカイダ
イバーが成層圏からダイブ、など。

そんな中、長野県の小学校に宇宙飛行士の山崎直子さんが訪れ、子供達に宇宙
での体験やチャレンジする事の大切さなどを語りました。

話はそれますが、山中教授のノーベル賞受賞を受け、韓国メディアは受賞の背
景にある日本の研究風土や政府の支援を称賛しているという記事を目にしまし
た。山中教授は「大地震と不況の中でも50億円の支援を受けた。私でなく日
本がノーベル賞をもらった」と語ったとのことです。

また、「山中教授の受賞は東日本大震災、経済危機、政治リーダーシップの欠
如など、相次ぐ困難で落ち込んでいた日本人に矜持と自信を吹き込んでいる」
ともしています。

今は何かと元気がない日本ですが、山崎直子さんや山中教授の姿に子供達が未
来に希望を抱いてくれることを願います。(門)

———————————————————————

★★★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★★★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html

◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。

———————————————————————

■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。

次のサイトよりお申込みください。

→ http://www.esh.co.jp/expert_free.html

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆フロン回収破壊法違反:フロンガス大気に放出 容疑で回収業者、書類送検
-西条西署/愛媛 (10/5)

西条西署は4日、エアコンのフロンガスを大気中に放出したとして、松山市の
リサイクル業の男(36)をフロン回収破壊法違反の疑いで、松山地検西条支
部に書類送検した。同署によると、同法での摘発は全国初という。

容疑は5月1日正午ごろ、西条市壬生川の路上で、回収を依頼された業務用エ
アコンの室外機を取り外す際、配管を切断して内部のフロン類のクロロジフル
オロメタン約2.5キロを大気中に放出したとされる。同署によると、男は
「フロンが大気中に漏れるのは分かっていたが、規制する法律があることは知
らなかった」と供述しているという。

飲食店跡で取り外されたエアコン室外機からガスが漏れているのを付近の住民
が目撃、同署に通報して発覚した。

◆解説

記事のとおり、フロン回収・破壊法違反での摘発は全国初とのことです。

正式名称は、「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関す
る法律」です。

関連する条文は次のとおりです。

(フロン類の放出の禁止)
第三十八条  何人も、みだりに特定製品に冷媒として充てんされているフロ
ン類を大気中に放出してはならない。

罰則
第五十五条  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十
万円以下の罰金に処する。
八  第三十八条の規定に違反して特定製品に冷媒として充てんされているフ
ロン類を大気中に放出した者

ISO14001 「4.3.2法的及びその他の要求事項」では、適用される法令等を特定
し参照することを求めていますが、フロン回収・破壊法の特定の要否はISO審
査機関や審査員によっても判断が分かれるようです。

重要なことは、業務用冷凍空調機器の廃棄や保守の際に、同法に基づく管理が
適切に行われることを確実にすることです。

★工事の環境側面の特定・評価に関するベストプラクティスを「ESHエキスパ
ート」でご紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————-

■労働災害の真相

◆日本触媒爆発:検証めど立たず 原因多様な見方 (10/5)

大手化学メーカー「日本触媒」姫路製造所(兵庫県姫路市)でアクリル酸のタ
ンクが爆発し計37人が死傷した事故から6日で1週間。県警網干(あぼし)
署捜査本部は、業務上過失致死傷容疑で捜査を始めたが、現場では飛び散った
化学物質の除去作業が進んでおらず、検証実施のめども立っていない。

高度な技術で紙おむつなどに使われる高吸水性樹脂で世界トップメーカーに成
長した会社で、なぜ事故は起きたのか。専門家の間にも、生産工程で生じた不
要な副生成物の混入や温度管理の不備の可能性などさまざまな見方があり、捜
査は長期化しそうだ。

同社は5日、原因の究明と再発防止策の策定のため、社外の有識者4人を交え
た事故調査委員会を設置した。

◆解説

日本触媒の爆発事故を受けて、日本経済新聞は「揺らぐ安全 化学工場相次ぐ
事故」と題した特集記事を2日間にわたり掲載しました。その記事の概要をお
伝えします。

化学メーカー工場の近年の主な事故として次の事例を挙げています。

2011年11月 東ソー (山口)
2012年03月 昭和電工(大分)
2012年04月 三井化学(山口)
2012年09月 日本触媒(兵庫)

そのうえで、次のような見出しを付けています。

知識不足 危機を増幅
現場の判断ミス重く
設備高度化、もろ刃の剣

そして、三井化学では2006年に化学プラントの本格的訓練を体験できる技術研
修センターを開設し、3300人が受講したのに、本年4月にヒューマンエラーの
色彩が濃い爆発事故が起きてしまい「悔しい。何をすべきなのかもう一度徹底
的に考える」という同センター長の談話を載せています。

また、三菱化学がプラントの運転員を大卒に切り替えた例や、東ソーがなぜそ
うなるというノウ・ホワイまで高めるため工場マニュアルを一新し自分たちで
書き上げた事例などが紹介されています。

昔の設備はレーシングカーで運転員はレーサー。今の設備はオートマ車で若手
もオートマ免許で満足している。だから想定外のトラブルに対処できないとい
うベテラン運転員の言葉には納得できます。

特集の最後は、「安全をどう確保するのか、試行錯誤が続く」と締めており、
当然ながら有効な解決策は示されていません。

「揺らぐ安全」は化学工業に限ったことではなく、全ての産業において安全確
保のための試行錯誤と努力が必要な時代だと言えます。

★日本化学工業会発行の安全管理に関する報告書を「ESHエキスパート」でご
紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

 1回の成功の為には9回の失敗が必要

■新着情報

・印刷業に対する有機溶剤中毒予防規則等に関する通信調査の結果

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 11件

■不法投棄関連情報

 全国の不法投棄関連情報 1件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 33件

★不祥事・災害事例の出典:明記のないものは毎日新聞

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ