無料メールマガジン詳細

NO.306

胆管がん:社屋移転後に多発…地下に印刷場 大阪

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2012.7.4 No.306

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

身体に堪える蒸し暑さが続いています。寝苦しく、疲れが抜けにくいという方
も多いのではないでしょうか?無理をせず、適度にエアコンを使用したりしな
がら身体を労わるようにしてください。

さて先日、嬉しいハプニングがありました。夜、運転中に対向車が来たため林
の脇で止まっていたら、車の中に虫が入ってきました。見てみると、なんとそ
れはホタル!ほのかに黄緑色の光を放ちながら車の中を飛んでいました。

すぐに帰宅して娘に見せたところ、初めて間近に見るホタルに大喜び。虫かご
に入れて鑑賞していたのですが、逃げてしまったらしく翌日の朝にはホタルの
姿はありませんでした。

「どんな田舎に住んでるんだ!?」と思われるかもしれませんが、その林の反
対側には民家やお店もあるんですよ。(門)

———————————————————————

★★★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★★★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html

◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。

———————————————————————

■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。

次のサイトよりお申込みください。

→ http://www.esh.co.jp/expert_free.html

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆フェロシルト投棄:石原産業の元役員に賠償命令-大阪地裁 (6/30)

土壌埋め戻し材「フェロシルト」の不法投棄事件を起こした化学メーカー「石
原産業」(大阪市西区)の元役員らを相手取り、株主と会社が回収費用などを
同社に支払うよう求めた訴訟の判決で、大阪地裁(松田亨裁判長)は29日、
損害額を約486億円と認定し、四日市工場(三重県)の副工場長(74)ら
元取締役3人に支払いを命じた。

裁判は、株主3人が元役員21人に489億円を求めた株主代表訴訟と、同社
が元副工場長に10億円の損害賠償を求めた訴訟が合わせて審理された。

判決によると、同社が01~05年に販売したフェロシルト約72万トンは、
三重、愛知、岐阜、京都の4府県に埋設されたが、六価クロムの検出が05年
に判明。同社と元副工場長らは廃棄物処理法違反罪で起訴され、ともに有罪が
確定した。

◆解説

判決理由は、次のとおりです。

製造に直接関わった四日市工場の元副工場長(74)=廃棄物処理法違反罪で実
刑=は「巨額の回収費用がかかると承知していたのに出荷し続けた」として、
最高で全額分についての賠償責任があると認定した。

フェロシルト担当取締役だった元社長(72)と元工場長(死亡、遺族3人が訴
訟継承)についても、同社が定めた品質管理システムに沿って製品が開発され
たかを確認しなかった過失などを認定。「有害物質を含む廃棄物と認識しなが
ら、安全性を確認したり、出荷を中止したりする義務を怠った」とし、50~20
%の賠償責任を負うとした。

原告の吉川三津子さん(57)は「判決は問題のある産廃を安易にリサイクルす
ることに警鐘を鳴らした」と話したとのことです。

このメルマガでも何度もお伝えしているとおり、日本国内だけの勝手な定義で
ある「ゼロエミッション」のために環境負荷や環境リスクを考慮しないリサイ
クルは慎むべきだと思います。

★株主代表訴訟について「ESHエキスパート」で詳述しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————-

■労働災害の真相

◆胆管がん:社屋移転後に多発…地下に印刷場 大阪 (7/3)

校正印刷を業務とする大阪市の印刷会社で働いた従業員に胆管がんが多発して
いる問題で、91年に現在の社屋を新築し移転したのを機に、作業場の環境が
悪化した可能性があることが分かった。作業場は地下で、換気が悪くなったと
退職した従業員もいる。校正印刷は湿度や温度が安定している方が品質を保て
るというが、厚生労働省は「必要な換気量を満たしていなかった可能性があ
る」と指摘。社屋の構造や効率優先の職場環境が問題の背景に浮かび上がった。
同社では91~03年に働いた12人が発症、うち7人が死亡した。毎日新聞
の取材では社屋新築前の退職者に発症者は確認されていない。

印刷見本を刷る校正印刷は多くの種類の見本を少しずつ刷るため、印刷機を有
機溶剤で洗う頻度が一般の印刷に比べ極めて高い。

移転前後に校正印刷部門で働いた元従業員によると、旧工場は平屋建てで、校
正印刷機は4台だった。有機溶剤の臭いで気分が悪くなると扉を開けて換気し、
屋外に出た。しかし新社屋の作業場は地下1階で換気設備はあったが、窓もな
く、約100平方メートルに校正印刷機を一時7台置いて作業していた。有機
溶剤は揮発性が高かったという。さらに、移転後にノルマが厳しくなり、忙し
くて地上に出る余裕もなくなった。元従業員は「臭くて耐えられず、私は辞め
た。その後、同僚が次々亡くなった」と話す。

別の従業員によると、吐き気をもよおしたり、吐く人を度々見かけたという。
厚労省は同社の換気設備を調査し、「作業場内にあまり外気が入っていない。
有機溶剤を大量に使う場合に必要な換気量を満たしていなかった可能性があ
る」とみている。

◆解説

以前にもお伝えした印刷会社における胆管がん問題ですが、宮城県内の別の印
刷事業所でも2人が発症し労災を申請するなど問題が拡大しています。

そのため、厚労省が立ち入り調査を実施する、日本印刷産業連合会が調査に乗
り出すなどの対応が始まっています。

報道によれば、新社屋の建設に伴う作業環境の悪化が問題視されています。

OHSAS18001:2007では次のとおり変更のマネジメントMoCを要求しています。

4.3.1 危険源の特定、リスクアセスメント及び管理策の決定

変更のマネジメントに関して、組織は、その変更を導入する前に、組織自体、
OH&Sマネジメントシステム又はその活動の変更に関連するOH&S危険源及びOH&S
リスクを特定しなければならない。

新社屋の建設に際して、予防的なリスクアセスメントが実施されていれば、そ
して、労働安全衛生法や有機溶剤中毒予防規則が特定され(4.3.2法的及びそ
の他の要求事項)、順守されていれば(4.4.6運用管理,4.5.2順守評価)、排
気装置の完備などによりこの職業性疾病は防げていたものと考えられます。

労働安全衛生マネジメントシステムの導入またはレベルアップが期待されます。

★本件の関連法令を「ESHエキスパート」で詳述しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

 人生の一瞬一瞬に“男を磨く”材料が降り注いでいる

■新着情報

・環境教育等促進法の法律施行規則等の公布

・業務上疾病発生状況等調査(平成23年)

・胆管がんに関する労災請求について

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 5件

■不法投棄関連情報

 全国の事故・事件情報 3件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 31件

★不祥事・災害事例の出典:明記のないものは毎日新聞

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ