無料メールマガジン詳細

NO.322

メッキ会社のタンク破損でシアン化ナトリウムが流出/岩手

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2013.3.6 No.322

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

徐々に日差しも暖かくなり、少しずつ春の訪れを感じるようになりましたね。
しかし、週末は北海道を猛烈な暴風雪が襲い、命を落とされた方もいらっしゃ
いました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さて先日、学生時代の友人の集まりがありました。20年ぶりの再会という友
人も少なくなく、会うまでは少し緊張していましたが、あっという間に昔に戻
っておしゃべりに花を咲かせました。

しかし、人は変わらずとも話の内容には大きな変化が・・・。20年前は恋の
話で盛り上がっていたはずが、今は病院やアンチエイジングの話題でもちきり
に。

再会を誓って宴はお開きとなりましたが、次に会うときは何の話で盛り上がる
のでしょうか?(門)

——————————————————————–

☆お知らせ

3/20(水)は祝日のため、次号は、3/21(木)の発行となりますのでご承知お
きください。

———————————————————————

★★★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★★★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html

◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。

———————————————————————

■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。

次のサイトよりお申込みください。

→ http://www.esh.co.jp/expert_free.html

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆メッキ会社のタンク破損でシアン化ナトリウムが流出/岩手 (2/26)

黒坂鍍金(めっき)工業所(本社東京都大田区)の花巻工場で、猛毒の青酸ナ
トリウムを含んだ使用済み剥離液5~6トンがタンクの破損で流出していたこ
とが26日、分かった。同社によると、剥離液は工場敷地内の側溝から敷地外の
雨水溝を通り、花巻第一工業団地地内の貯水池で微量の青酸ナトリウムが検出
されたが、同池近隣からは検出されていないといい、人体や生態系への影響は
考えにくいという。側溝、雨水溝の洗浄を終え、剥離液の回収に全力を挙げて
いる。

同日夕、同社が花巻市花城町の花巻商工会議所で開いた記者会見で明らかにし、
黒坂社長ら3人が「大変申し訳ありませんでした」と陳謝した。

会見に臨んだ黒坂社長らによると、25日午前7時ごろ、除雪を委託した業者か
ら「除雪中にタンクのバルブを破損させ、内部の液体が流れ出た」との報告を
受けた。午前9時ごろまで敷地内の側溝を土のうでせき止めて回収するなどの
作業を行い流出が止まったものの、26日の簡易検査で同工場の南側にある同団
地の貯水池から微量の青酸ナトリウムが検出されたという。

しかし、貯水池から油沢川に注ぐ放流口からは今のところ検出されておらず、
黒坂社長は「貯水池でとどまっており、雨水で薄められて人体や生態系への影
響は考えにくい」と説明した。現在は、簡易検査よりも精度の高い精密分析の
結果待ちの状況となっている。

剥離液は酸化剤と青酸ナトリウムを混合させて水で希釈。水7、酸化剤2、青
酸ナトリウム1の割合にしたもの。

工場内でニッケルメッキの剥離に用い、その後、使用済みの剥離液を工場外の
タンクで保管していたが、今回、バルブが破損し流出した。青酸ナトリウムの
濃度は5000ppmで約12万5000人分の致死量に相当するが、流出先の側溝、
雨水溝、貯水池が全てコンクリート製だったほか、「簡易検査の結果から多く
の液が外部に漏れた可能性は低い」(黒坂社長)という。

市生活環境課は「大半が雪に染み込み、雨水溝にたまっていたものを業者が回
収したので流出量は少ないだろう」と話している。

同社は1948年設立。創業以来、精密光学機器をメーンに表面処理などを手
掛け、88年に花巻工場を新設した。
(岩手日日新聞より)

◆解説

この事故の情報や河川などの分析結果は、花巻市、岩手河川国道事務所、北上
川下流河川事務所からも発信されています。事故後の通報の状況は次のとおり
です。

 バルブ破損事故の発生:25日午前6時から7時頃
 花巻市への通報: 25日午前11時40分頃

ここで、二つの法律の相違に注意が必要です。

水質汚濁防止法「事故時の措置」(第14条の2):
直ちに応急の措置を講ずるとともに、速やかに都道府県知事に届け出る

毒物及び劇物取締法「事故の際の措置」(第16条の2←第22条)
直ちに、保健所、警察署又は消防機関に届け出るとともに、応急の措置を講
じる

いずれにしても、致死量12万人分のシアン化化合物の流出という重大性から考
えると通報が遅かったと考えられます。これは本社が東京であることも要因か
もしれません。

3/1に開催された住民説明会では、住民からは「なぜ除雪車がぶつかるような
場所に猛毒を保管していたのか」と厳しい声が上がったとのことですが、全く
そのとおりですね。

設置場所によっては、ガードレールなどの敷設も必要なことを教訓として欲し
いものです。

また、写真を見ると防液堤すらないようで、水質汚濁防止法の「有害物質貯蔵
指定施設」でもあり不十分だと言えます。

多くの大手メーカーがメッキを外注していますが、二者監査においても厳しく
監査し、指導して欲しいものです。QCDだけでなく環境や安全衛生にも配慮し
たCSR調達を目指して欲しいと願います。

★有害物質漏洩時の簡易測定・試験のベストプラクティスについて「ESHエキ
スパート」でご紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————

■労働災害の真相

◆アスベスト:住重造船工場石綿訴訟 「粉じん対策怠る」 2750万円支
払い命令-地裁支部判決/神奈川 (2/19)

住友重機械工業(本社・東京都品川区)の造船工場で働いていた男性(当時7
3歳)が肺がんで死亡したのは、アスベスト(石綿)の粉じん対策を怠ったた
めとして妻(80)が同社に3522万円の賠償を求めた訴訟の判決で、横浜
地裁横須賀支部は18日、2750万円の支払いを命じた。

男性は同社の横浜、横須賀市内の造船工場で40年以上勤務。在職中の77年
にじん肺になり、91年に合併症の続発性気管支炎を発症して労災認定を受け
た。同社は98年11月、男性に298万円を支払い、「じん肺罹患(りか
ん)に対する補償義務手続きが完了し、今後何らの異議を述べず、請求をしな
い」との念書を交わしていた。

訴訟で同社は「念書の約束内容に、じん肺症状の悪化を含むことは明白で、原
告に損害賠償請求権はない」などと主張した。これに対し判決は「肺がんの原
因は石綿で、粉じん対策が十分でなく安全義務違反がある」と認定。その上で
「念書はじん肺罹患に対する障害補償完了を合意・確認したもので、死亡慰謝
料の請求放棄を約束したものではない」と原告側主張を認めた。

判決後の記者会見で男性の妻は「夫は最後の5年間、家の中で酸素のホースを
引っ張って吸入していて一緒に出かけることもなかった。後の人たちのために
もいい判決が出て、仏壇に報告できそう」と語った。

同社の代理人は「判決内容を検討し、会社と相談して対応を決めたい」とコメ
ントした。

◆解説

この裁判では、「念書」の効力が争点になりましたが、判決では念書について
「被告が正当な請求に応じないのは公序良俗違反で無効」と指摘したとのこと
です。裁判長は判決理由で「死亡慰謝料まで放棄させることは労働者の一方的
不利益で、容認できない」と指摘しました。

原告代理人は「建設業などの他業種ではこうした念書を交わす例がある。労働
者と使用者の力関係や、補償額にまで踏み込んだ判断は画期的で、意味があ
る」と評価しているということです。

アスベストをめぐる訴訟では、原告側の勝訴や損害賠償による和解などの流れ
が定着していますが、企業側には厳しい状況です。

かつては夢の化学物質と言われたアスベストが悪役になったように、現在は無
害とされる化学物質もいつ悪役に転じるかはわからないものです。日頃から暴
露量を抑制する適切な安全衛生管理が重要となります。

★安全衛生管理における「誓約書」や「念書」のベストプラクティスについて
「ESHエキスパート」でご紹介しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

  いつも喜んでいなさい

■新着情報

・「廃掃法施行規則等の一部を改正する省令」の公布について

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 9件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 21件

★不祥事・災害事例の出典:明記のないものは毎日新聞

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ