無料メールマガジン詳細

NO.344

大同特殊鋼:鉄鋼廃材、違法取引か 群馬県が立ち入り検査

■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2014.2.5 No.344

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご挨拶

週明け、春を感じさせる暖かい陽気となったかと思えば、一転して雪混じりの
冬景色に逆戻り。急激な気温の変化に体調を崩されませんよう、くれぐれもお
気をつけください。

さて、本日2月5日は「笑顔の日」です。2と5の語呂合わせで、いつもニコ
ニコと笑顔になっていようという意味がこめられているそうです。

笑顔の効果に関しては、古くから心理学的に研究されているようで、楽しい感
情には、問題解決を容易にしたり、記憶力を高めたり、集中力を高めたりする
効果があるという報告もあります。

また、最近の研究によれば、たとえ楽しい気分でなかったとしても、笑顔に似
た表情を作るだけで、脳の中ではドーパミン系の神経活動が活性化することが
見出されています。

「楽しいから笑顔になる」のは当たり前ですが、「楽しくなくても笑顔でいれ
ば楽しくなる」ことを心がけていきたいと思います。(門)

———————————————————————

◆出版記念セミナーのお知らせ

「送検理由に学ぶ安衛法の理解」出版記念セミナーについて、多くの読者様に
ご参加申込みをいただき有難うございます。

まだ空きがございますので、是非ともお申込ください。

  日 時:3/5(水)9:30-17:00
  場 所:BSIグループジャパン本社(東京都港区北青山)
  受講料:30,000円(税抜)

→ 詳細は次のサイトをご覧ください。
http://www.bsigroup.jp/ja-jp/training/ohsms-ohsas18001/courses/OHSAS_nowornever/

講師紹介として20%割引とさせていただきます。
次のメールアドレスにご連絡ください。

→ info@esh.co.jp

———————————————————————

★【重要】配信スタンド変更手続きのお願い★

読者の皆様、いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

当メルマガはこれまで「まぐまぐ」「メルマ」などの無料配信スタンドを利用
し、配信しておりました。しかし、無作為に広告が入ってしまうなど読者の皆
様にはご迷惑をお掛けしておりました。

そこで今後、自社配信に変更することにいたしました。

つきましては、大変お手数ですが、次のサイトより登録のお手続きをお願いい
たします。

  登録はコチラから→ http://www.esh.co.jp/mailmaga_touroku.html

◆現行の「まぐまぐ」「メルマ」からの配信は移行が完了次第、停止させてい
ただく予定ですので、早急にお手続きをお願いいたします。

ご迷惑・お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいた
します。

———————————————————————

■「ESHエキスパート」1ヶ月間無料購読キャンペーンのお知らせ

本メルマガの完全版の有料マガジン「ESHエキスパート」を1ヶ月間(2回
分)無料でご購読いただけるキャンペーンを実施しています。

次のサイトよりお申込みください。

→ http://www.esh.co.jp/expert_free.html

———————————————————————

■環境不祥事の教訓

◆大同特殊鋼:鉄鋼廃材、違法取引か 群馬県が立ち入り検査(1/28)

東証1部上場の鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」(名古屋市)が、渋川工場(群馬
県渋川市)から出た有害なフッ素や六価クロムを含む「鉄鋼スラグ」を再生資
材として業者に販売する際、販売額より高い費用を払っていたことが分かった。
高額な処分費用を免れるため、「引き取り料」として支払っていたとみられる。
こうした取引は「逆有償取引」と言われ、廃棄物処理法の適用を受ける。群馬
県は27日、今回の取引について同法違反の疑いがあるとして同社を立ち入り
検査した。

同社のスラグを砂利として使った渋川市内11カ所からは環境基準を超えるフ
ッ素などが検出されている。

毎日新聞が入手した契約書によると、大同は2009年7月、大同の子会社を
通じて同市内の道路用砕石会社にスラグを1トン100円で販売する一方、砕
石会社に対し「販売管理費」として1トン250円以上(出荷量に応じて変
動)を支払う契約を結んだ。

販売管理費は12年6月の契約更新でなくなったが、代わりに、砕石会社がス
ラグ入り道路資材を建設会社に販売する際、工事現場までの輸送費を大同が肩
代わりするほか、資材の在庫置き場の賃料や事務手数料などとしてスラグ代金
(1トン500円)より高い費用を大同が負担するようになった。同工場では
年間約2万トンのスラグが生じる。

大同は契約書の内容を認め、「販売代金より製造、運搬のコストが高くなる場
合がある」としている。砕石会社の社長は「うちは大同の指示で動いているだ
け。リスクを抱えている以上、大同の負担は当然のこと」と話した。

◆解説

これほどの会社が、何故にこのような処理をしたのか理解に苦しみますね。

同社の「CSR報告書2013」には、工場別環境データが掲載されており、当該渋
川工場を見ますと[環境保全活動]として次のとおり記載されています。

◆ ゼロエミッション・リサイクル
スラグの路盤材化、産業廃棄物の有効利用の推進を図っています。

また、同社の環境会計のページを見ますと、2012年度の[効果]として次のとお
り計上しています。

・廃棄物リサイクル:1,054百万円
・埋立抑制:526百万円

「ゼロエミッション」という名目のもとに環境負荷や環境リスクが高まる不適
切な処理がされていることは、数多く見受けられます。

それ以前に「ゼロエミッション」には明確な定義がなく、海外では通じない言
葉であることにも注意が必要です。工場では、大気放出や排水もしているのに、
廃棄物のみを取り上げ、それがリサイクルされているだけで、”ゼロエミッシ
ョン”と宣言することなどあり得ないですよね。

ゼロエミッションの呪縛から脱する機会になれば良いと考えます。

本件については、次の報道もあります。

渋川市内では大同のスラグを使って整備した11カ所で、環境基準を超える有
毒物質のフッ素や六価クロムが検出され、市民の間で不安が広がっている。

産業廃棄物の有害性を測定する「溶出試験」では中性(pH7.8-8.3)の水で6時
間振とうすることにより溶出した検液を測定するのですが・・・。

そうです。雨水は酸性ですね。中性の水では溶け出さない物質が酸性の雨水で
は溶け出すことは当然のことです。ちなみに静岡市のデータでは、雨水の年間
平均pHが4.8だということです。

まやかしのゼロエミと不可思議な法規制により、環境汚染が進んでいるとした
ら残念でなりません。

★コンプライアンスや環境リスク低減に寄与するCSR報告書や環境会計の重要
性について「ESHエキスパート」で解説しています!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。

———————————————————————

■労働災害の真相

◆焼却灰かき出し作業中、コンベヤーで親指切断/三重 (1/26)

三重県名張市と同県伊賀市青山地区でつくる「伊賀南部環境衛生組合」は24
日、運営する伊賀南部クリーンセンター(伊賀市奥鹿野)の焼却施設で、作業
中の男性作業員が、焼却灰を運ぶコンベヤーで右手の指を切断する労災事故が
あった、と発表した。

同組合によると、事故があったのは同日午前10時頃。第2溶融炉の集じん灰
排出装置から、焼却灰のかき出し作業を行っていた、管理委託業者の下請け業
者(名古屋市中区)の作業員(19)が、排出装置の下にある稼働中のコンベ
ヤーに手を伸ばし、右手の指を挟まれ、親指切断の大けがを負った。作業員は、
奈良県内の病院で、指を縫合する手術を受けたという。

焼却灰をかき出す作業では、このコンベヤー上の焼却灰を取り除くことはない
が、この日は、排出装置が停止したため、点検しようとして挟まれたという。
同組合は、作業手順に誤りがなかったか、けがの回復を待って、作業員から事
情を聞く。

同センターでは、昨年5月に、作業員が溶融炉の点検窓を誤って開けて、のど
にやけどを負ったほか、9月には、ごみを運ぶ際にクレーン操作を誤って、操
作室の窓ガラスを割ったりするなど、事故が続いており、同組合は「業者から
の聞き取りを行い、検証も実施して事故の再発防止に努めたい」としている。
(読売新聞)

◆解説

多発している廃棄物・リサイクル関連の労働災害です。

「排出装置が停止したため、点検しようとして挟まれた」ということで、前号
でもお伝えしましたが、労働安全衛生規則第107条の「調整」の作業に該当し、
「作業手順を定め、労働者に適切な安全教育を行うこと」が求められます。

記事によれば、請負会社による事故が続発しており、『同組合は「業者からの
聞き取りを行い、検証も実施して事故の再発防止に努めたい」としている』と
のことですが、注文者としての社会的責任も不可避だと考えます。

入札により、常識外の費用で請け負う状況も多く、要員の力量や安全管理にま
で行き届かない懸念もあると考えます。

適切な管理コストを負担することが期待されます。

★2013年に発生した産業廃棄物関連事故を「ESHエキスパート」でご紹介して
います!

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————

★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

  何度もやめようと思ったけれど、
  あと1日だけ頑張ろうと続けてきて、いつの間にか今日に至った。

■新着情報

 ・改正大気汚染防止法説明会の開催について
 
 ・有害物ばく露作業報告

■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介

■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介

■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 5件

■不法投棄関連情報

 全国の不法投棄関連情報 1件

■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 15件

【ESHエキスパート】 → http://www.esh.co.jp/expert.html

———————————————————————-

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。

■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

——————————————————————–

★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで

———————————————————————

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2009
———————————————————————-

E-MAIL NEWSLETTER

企業の環境&OHS(労働安全衛生)担当者をサポートするメールマガジンです。
配信は毎月2回、全国の事故事例や法令改正情報などをお届けします。

ページトップへ